« とりとめのない駄文です(プチ二日酔い) | トップページ | 羽田はゲトーな街でした »

『TOKYO!』を観てきました


8月に公開される話題の映画『TOKYO!』の最終試写会に行ってきました。


20080728tokyo


ニューヨークのミシェル・ゴンドリー、パリのレオス・カラックス、ソウルのボン・ジュノ、3人の監督がそれぞれの視点によるストーリーで東京を切り取ったオムニバスです。


それぞれ東京に対するイメージが違っているだけに、全監督の作品がとても興味深かったです。

80年代に『ボーイ・ミーツ・ガール』を観て衝撃を受けた身としてはレオス・カラックスに期待していたわけだが、結果的にはボン・ジュノが監督した『シェイキング東京』がいちばん響いたかな。

大好きな蒼井優が出ていたからというわけではなく、全体的なセンスが抜群であり。


ちなみに、レオス・カラックスの『メルド』における、とっても恐いクライマックス場面がたぶんこのあたりです。

20080728shibuya


あの派手なシーンを、ここでどうやって撮影したのか不思議だ。


終了後、せっかく嫌いな渋谷に来たのだから、ついでにBunkamuraまで足を運び、ずっと観たかった『青春のロシア・アヴァンギャルド』展を観ようと思っていました。


20080728moscow

ところが絶妙のタイミングで、知人の編集者であるT吉から電話。


急ぎの仕事があるので、表参道で打ち合わせがしたいとのこと。


10分で行ける距離じゃないすか!
このタイミングのよさ(悪さ?)はなんすか?

で、Tシャツに短パンという超レイドバックな格好だったので若干の後ろめたさはあったものの、指定されたスパイラル・カフェで合流。


スパイラル・レコードで気になったCDが2枚ほどあったので帰りに買おうと思っていたのだけど、締切がことのほか早かったので、ここはストイックにいこうと思って買わずに帰りました。


一刻も早く帰って、仕事しなくちゃならないからね。


表参道からだと、

赤坂見附から丸ノ内線に乗り換えるコースと、渋谷に出てから山手線に乗り、新宿で総武線に乗り換えるコース、帰るルートがふたつある。


乗り換え回数が少ない丸の内線ルートが楽なのだが、かかる時間を考えると山手線の方がスムースだ。
こういうときに発揮される、TOKYO!生まれTOKYO!育ちのポテンシャル。

しか〜し!

西荻窪で人身事故があったとかで、結果的には新宿〜荻窪間に30分もかかってしまったのでした。

勘の鈍さはどうにもならないな。

|

« とりとめのない駄文です(プチ二日酔い) | トップページ | 羽田はゲトーな街でした »

コメント

実は、わっちも蒼井優のファンなのでやんす。

先日、72歳の母が映画『フラガール』をみて、フラダンスを始めてしまいました。

投稿: 1-SHOW | 2008年7月29日 (火) 00時28分

1-SHOWさん
昨日も友だちと、こんな会話をしていました。

「蒼井優とパフュームって、みんな好きだよね」


しかし「フラガール」をみてフラダンスをはじめるとは、若い!

投稿: 印南敦史 | 2008年7月29日 (火) 07時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『TOKYO!』を観てきました:

« とりとめのない駄文です(プチ二日酔い) | トップページ | 羽田はゲトーな街でした »