« どうしてこんなに愛してタムレ | トップページ | 三鷹で過ごした数時間 »

うれしかった電話


悪事の限りを尽くしてきたギャングだったという過去を盛っているが、改心して現在は最大手の立ち食いそば屋で働いているH。

23歳(だったと思う)という若さながら働きっぷりが評価され、某店の店長を務めている。

最近連絡がないなと思っていたんだけど、さっき久しぶりに電話がきた。

「驚かそうと思ってるうちに忙しくて時間がたっちゃったんですけど、実は結婚するんで、印南さんにぜひ結婚式に出てほしいと思って」

彼女と3人で飲んだときに感じるものがあったし、ひさしぶりに電話がきて「そういうことなんじゃないかな」と直感していた。

なので「やっぱりね、そうじゃないかと思った」と伝えたら驚いていたけど、君らは間違いなく幸せになれるよ。


その幸せは小さなものかもしれないけれど、幸せって大きさじゃないから。

人の目から見たら小さな幸せでも、君らにとっては世界一の幸せなんだから、その方が重要。

心の底から「おめでとう!」といおう。


10月の結婚式、楽しみにしてるよ。

|

« どうしてこんなに愛してタムレ | トップページ | 三鷹で過ごした数時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしかった電話:

« どうしてこんなに愛してタムレ | トップページ | 三鷹で過ごした数時間 »