« 冷やし中華・古本・友人宅 | トップページ | 書きたいことがあったんですけど »

忍者ハットリくんと納豆について

「福田総理って忍者ハットリくんに似てない?」


夕食の席で母がいきなりそんな発言をしたので、口にいれかけた納豆を時速300キロぐらいで吹き出しそうになりました。


たたたしかに!


いわれるまで気づかなかった。
我が母ながら、よい着眼点である。


しかも、いわれて気づいたことがある。


アニメ版よりも、昔やってた実写ヴァージョンの方がさらによく似ている。


20080616fukuda



20080616hattorikun

ニンニン。

ちなみに近所の商店街で妻が買ってきたその納豆、なかなかおいしかったです。

20080616shinjukunatto

「新宿納豆」っていう時点でシブくないですか?
味も匂いも王道と呼ぶにふさわしい納豆であり、20代のころから「ごはんとみそ汁と納豆があれば生きていける」と公言していた身としては非常にうれしい。


「昔ながらの手作り」
「遺伝子組換え大豆は使用しておりません」
との宣言が頼もしい。

でも裏の方を見てみたら、


「中国産大豆使用」

……なんか、一気に不安だ!

|

« 冷やし中華・古本・友人宅 | トップページ | 書きたいことがあったんですけど »

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忍者ハットリくんと納豆について:

» 忍者ハットリくんと納豆について [ikeponia]
音楽ライター・評論家の印南敦史氏のブログより転載。お母さん天才。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 15時06分

« 冷やし中華・古本・友人宅 | トップページ | 書きたいことがあったんですけど »